スタッドレス アイスバーン

スタッドレス、アイスバーンに強いタイヤはどれ?

アイスバーン、それはまるでスケートリンク!!

 

真冬のドライブ、一番怖いのがアイスバーンです。
一見濡れたように見えますが、じつはカチカチに凍ってます。

 

スタッドレス、アイスバーンに強いタイヤはどれ?

 

ブリヂストンのブリザック(BLIZZAK)が、 現状では一歩リードといったところでしょうか。
ブリヂストン独自の製法である発泡系のゴム(ブリヂストンの特許)は、アイスバーンのシーンで高いグリップ力を発揮します。
この発泡系のゴムが、氷面の水膜を除去してくれるので、 滑りにくいというわけだが・・・
もちろん過信は禁物です。

 

こちらです⇒ ★「ブリヂストンのブリザックは、すごくは良い」〜楽天でお買い得チェック!!★

 

 

まるでスケートリンクと化したアイスバーン。
スタッドレスタイヤの本当の真価を問われるのが、 このアイスバーンでの走行性能ではないでしょうか。

 

最近はアジアンタイヤといったような激安のスタッドレスタイヤも出てます。
もちろん激安のスタッドレスタイヤが粗悪品ということではありませんが、
あなたの命を守ってくれるタイヤ選びは、やはり慎重に選びたいものですね。

 

 


激安スタッドレスで安心できますか?

スタッドレスを値段の安さだけで判断するのは危険です!!

 

最近は海外のいわゆるアジアンタイヤといったかなり激安のタイヤが出ています。
価格は驚くほどの激安価格で、目を疑ってしまいますが、 果たして値段だけで判断しては、いかがなものでしょうか?

 

確かに圧雪路だけならアジアンタイヤといった安いスタッドレスタイヤでも、 それほど差はないかもしれません。

 

問題はアイスバーン!!

 

アイスバーンでは、グリップの差がやはり顕著にでます。
「ブリヂストンのブリザックは、すごくは良い」という声は とても多いです。
これは実際使ってみてそう感じてるからこそ、 出てくる言葉であって、まさに真実だと思います。
圧雪路だけならアジアンタイヤといった安いスタッドレスタイヤでも、 良いかもしれませんが、恐いのはアイスバーン!!なのですから・・・

 

「ブリヂストンのブリザックは、すごくは良い」〜楽天でお買い得チェック!!


スタッドレスタイヤ、各社比較で感じること

スタッドレスタイヤも各社様々な検証データなどを元に、 自信をもって市場に出してますので、 圧雪路だけならそれほど違いがないというのが実情かもしれません。
ですが、真冬のロードで最も恐いのは、言うまでもなく、 まるでスケートリンクのように化したアイスバーンです。

 

ブリヂストンのブリザックは、「除水効果」の高い発泡ゴムを採用したことで、 アイスバーンに強いスタッドレスタイヤとして、他社を一歩リードしてる感じがいたします。
また国産のヨコハマのガーデックスも、オリジナルの発泡系のゴムを採用しているため、 ブリヂストンのブリザック同様、アイスバーンでのグリップ性能は向上しています。
同じ発泡系ですが、コストパフォーマンスから見れば、ヨコハマのガーデックスの方が、 優れています。

 

それから人気のミシュランですが、どちらかと言えば市場の大きい北米向けに作られてますので、
アイスバーン性能という観点から見れば、国産のブリヂストンやヨコハマには劣るかもしれません。
しかし逆にミシュランの場合は、静粛性や乾燥路性能などはとても優れてますので、 それぞれ一長一短があるといったところでしょうか。

 

また激安価格で人気が高いのが、いわゆる「アジアンタイヤ」と言われるNANKANG(ナンカン)です。
NANKANGは、台湾の世界的大手タイヤメーカーです。
人気商品のSN-1に至っては、なんと北海道のアイスバーン路面を想定して開発された強力な氷雪上性能の スタッドレスタイヤという触れ込みです。
こうして見るとスタッドレスタイヤ選びって、ホント迷いますね。

 

 


スポンサーリンク