査定 マイナス要因

査定のマイナス要因は?

マイナス査定の要因になり得るものとして、たとえば1年間の走行距離が平均1万キロを軽く超えてるとか、ニーズの少ない奇抜なボディーカラーだったりとか、キズや汚れが車体にたくさんあるとか、破損しているパーツがあるとか、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

 

また事故等での修理がなされているかどうかもマイナス査定の要因となります。
修理個所があれば大幅に査定が下がると考えられます。

 

最終的な価格がわかるのは、実物の車を見てからになります。
ですから複数の業者から大まかな査定を無料の査定サイトなどを利用し把握した後、それぞれの査定額を比較した上で実際の売却を決められたら良いと思います。

 

概算価格を予め教えてもらえれば手間がかからず、簡単ですね。

 

それから年式が古く、見た目にも使用感のある車でも、中古車の扱いに長けた業者であれば、意外な高値で査定してもらえることもあります。

 

例えば中古でも生産台数が少ない車であれば、カーマニアが高い価値を見出す場合もあります。
マイナー車種でも人気車種に変わるチャンスがあるわけですね。

 

とにかく少しでも高い額で車を手放したいなら一社だけではなく複数社から査定を受けましょう。

 

それから車を買取査定してもらう場合、査定価格の中にリサイクル料や自動車税の残月分が計上されているのかを事前に確認しておきましょう。
ほかにも、後から返金請求の可能性がないか、よく気を付けて確認しましょう。

 

場合によっては、金額を可能な限り低く抑えようとして、後から減点箇所が出てきたなどといって返金を迫ってくる業者もあるほどです。


スポンサーリンク